2011年10月25日

7時間半で20万稼げますか?

今日は、せどりについて書きます。


せどりとは?】

「せどり」とは、

「古本などを安く仕入れて、仕入れた値段よりも高く売る」

つまり、本の商売ですね。


私も以前、「せどり」の意識なく、読み終えた本を安く売ったりしてました。

パソコンができるなら、簡単ですよ。

しかし、これを「副業」とするならば、よく内容を検討しましょう。


内容を検討するには、まず「せどりの基本手順」に沿って

各ポイントでどのようなことが必要かを俯瞰すると良いでしょう。


※せどりの基本手順について

@古本屋などで本を仕入れる

Aインターネットの本屋さん「アマゾン」などに出品する

Bお客さんが購入したら、梱包して発送

これの繰り返しで、チリも積もれば…となるわけですね。


ここで、各プロセスで検討すべき点をあげますと、

@に関する懸念点
・「売れる」古本を「買う」
 売れる本を探す能力と、本を買うための資金が必要ですね

Aに関する懸念点
・仕入れた古本の検品(折り目のチェックや、汚れ拭き)が大変?
・出品データの登録
 5冊、10冊ならともかく、大量に仕入れないと売上げが
 立ちません、時間がかかる作業でしょう

Bに関する懸念点
・商品管理ラベルを印刷する
・梱包する
・配送する
どれも時間、お金がかかりますね。



【せどりに関するツールについて】

以前、アフィリエイトで、

「せどリッチ」というツールを紹介していたことがありました。

かなり好評だったようで、数ヶ月前に、販売終了となってしまいました。


このツールは、「売れる」ものの見極めとして、

「在庫切れの商品」を狙ってます。


通常のせどりなら仕入れるために、店舗を回るか、

あるいはネット上で探さなければならないところですが、

このツールを使えば、ネット上のどこのショップで

売っているのかまで教えてくれました。

ここが、効率化されていたのですね。



【せどり塾】

「せどり塾」はご存知でしょうか?


「せどリッチ」の販売者である、カプセルZの福田氏をはじめ、

”せどり界”の超大物達が推薦する、

阿部式せどり塾「SSS」が、塾生を募集しています。



・本屋で誰でも簡単に「売れる本」を見つける魔法の目がね

・作業量を10分の1にするシステム

最後の方で、

”塾側で面倒くさいことを全部やってしまいます。”

…ありえない特典ではないでしょうか?


”佐川急便で着払いで阿部さんへ送ればおしまい??”


ここまで構築されたシステムがあるからこそ

安心できるのではないでしょうか?


私が感動するのは、このシステムが雇用を生み出しているところ


ビジネスを行う上で重要な、「大儀」を感じました。




また、塾だけあって、


・せどりってなに?

・副業をちょっとやってみたい

・アマゾンて何ですか?

というレベルから、スタッフを集めて動かすレベルまで

様々なスタイルを学べるとの事。

詳細は、こちらをクリックして見てください。


このご時勢で、頭を使わずに稼ぐことができるなんて。





−−−−


「アフィリエイト」でも「情報起業」でも「せどり」でもない、

稼げる最新手法があるとしたら、それは…

続きは、こちら


posted by Sato at 00:27| せどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メルマガ購読・解除
もっと詳しく知りたい方はメルマガにてお伝えいたします
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。